Our Mission

cortes-7

当所は『センサリーアウェアネス・ジャパン』として、米国センサリーアウェアネス・ファンデーション(Sensory Awareness Foundation)から正式なサポートを受け、2011年12月設立される運びとなりました。

現在、わたしたちは地球的規模で未曾有の危機的状況のさなかにあります。環境・医療・教育・経済・政治など、さまざまな分野において、現代に特有な問題がいくつも見い出されます。

この多難な時期に、センサリーアウェアネス・ジャパンを設立することに、わたしは三つの大きな使命を感じています。一つめの使命は、センサリーアウェアネ スのワークをもっと経験したい、もっと知りたい、という方たちへの日本の情報発信窓口となること。二つめの使命は、センサリーアウェアネスのワークを、 しっかりと日本の土壌に根づかせてゆくための足がかりとなること、です。

そして、これらの使命を支えるのは、わたしたち一人ひとりが、それぞれの豊かな可能性と生命力に気づき、それを健やかに育んでゆくならば、わたしたちはど れほど困難な状況にあっても、それを無暗におそれることなく経験し、自らの感覚を頼りに自己と世界との調和のとれたあり方を見い出すにちがいない、という わたしの信念です。

一人ひとりの気づきと調和は、やがて伝播してゆき、たとえほんの少しであっても、周囲の人や状況を変化させてゆくでしょう。その変化は、わたしたちをとり まく現在の状況だけでなく、次の時代のさまざまな可能性や選択肢をも変化させてゆくにちがいありません。冒頭に述べたような危機や困難に溢れかえった社会 ではなく、健やかで調和のとれた世界を未来へ受け継いでゆくこと、これがセンサリーアウェアネス・ジャパン設立の三つめの使命です。

この三つの使命を実現してゆくために、センサリーアウェアネス・ジャパンは2011年12月1日、船出をしました。今後、みなさまとともに、穏やかな海も荒ぶる海も、好奇心と遊びごころを持ちつつ、航海してゆけることをこころから願っております。

最後になりましたが、センサリーアウェアネス・ジャパン設立にあたって、一方ならぬご助力を賜りました方々に感謝の意を表したいと思います。

センサリーアウェアネス・ジャパン
前代表 齊藤由香