2014年コルテス島体験記

 わたしの体験〜センサリーアウェアネスWS in Cortes 2014

Yuko Kuroda
エサレンボディワーク・プラクティショナー

カナダ・コルテス島で6/29~7/11に行われたセンサリー アウェアネスのWSで私個人が体験したことをシェアしていきます。

*******

二週間にわたり、コルテス島の自然に囲まれて、自分の「nature ・ ネイチャー」(あるがままの自分・本質とでも訳しましょうか)を再発見し、それにつながり、取り戻す時間。(写真はジュディス先生のスタジオ。天井を見上げると空が見えます→)

私は参加者の一人として、そして通訳という大切な役割を果たしながらその場にいました。

参加者は日本人、カナダ人、アメリカ人、オーストラリア人。約10人前後の小さなグループで中には一週目、二週目のみ参加の人も。

二週間の長きにわたるワークショップの通訳は私にとって初めての経験。行く前にはうれしさと緊張の入り混じった複雑な気持ちでした。

自分の中に生まれる感覚とともに居ながら、誰かの発言があったらそれに素早く反応して思考を使うという作業は、慣れない私には大変な仕事のように思えました。

WSが始まって数日経ったある朝、午前中のクラスが始まるときに、その日から新しく参加される人のために自分の名前やどこから来たかに加えて「今、自分のなかに浮かぶものや感覚を言葉にする」という自己紹介をしていました。そして自分の中に浮かぶものに関しては必ずしも言わなければいけないものではありません、とジュディス先生。

私の番になり、自分のなかに沈みこんでいった時に、どこかが静かに引きつられるような感覚がありました。
そしてそのときに心に浮かんだいろんなことを言葉にする内に、いつのまにか子どものように声をあげて私は泣いていました。

通訳という役割を忘れて、私は傷つきやすい自分をその場でオープンにすることを許されているように感じました。

そしてその空間をホールドして(保って)くれていたジュディス先生はじめ、その場にいた人たちの温かさに触れこころと身体がだんだんフンワリと軽くなるのを感じました。

激しく泣いたあとなのに不思議なくらい、その直後からも通訳を続けることができました。

そのままの「私」でいられる、心地よい空間がある。なんて幸せなことなんだろう。

そしてこの場所で、どんな「あなた」であれ、そのままの「あなた」を受け入れる。時には難しく感じるかもしれないけど、私の出来る限り。エサレンボディワークの神聖なスピリットにも通じるなにかを十分に感じる静かな二週間を自然の力強いサポートをもらいながら過ごせる贅沢。

この二週間、私のなかにベースとなって流れていく言葉、それが「gratitude 感謝」だと気づく、そんな瞬間でした。

******

ちなみに、今更ながらなのですが、私はジュディス博士と面と向かって話すときなどは、彼女のことを親しみを持って「ジュディス」と呼んでいますが、こちらの記事では一貫して「ジュディス先生」と書いています。

自分の感覚を探る道案内をしてくれるジュディスのことを「先生」と呼ぶのは適切ではないかもしれません。自分の感覚は誰かに教えてもらうものではないから。でも私たち日本人参加者のことを必ず『ユウコサン』のように、さん付けして呼び、日本の習慣を尊重してくれるるジュディスのことを私が書き言葉でここで呼び捨てにするのにはどうも抵抗があるのです。

そういうことで敬意を込めて「ジュディス先生」とここでは書いていることをお伝えしておきます。

******

このワークショップが始まるときジュディス先生から言われた言葉にこんなことがあります。

『How can we know another until we know ourselves?』

「自分自身のことを理解するまで、私たちはどうやって他の人のことを理解できますか?」 訳すとこんな感じでしょうか?

センサリー アウェアネスのワークではリーダー(ジュディス先生)がある一連の「実験・探求」のようなアクティビティーをおこなう事を提案し(提案=suggestionというより招待・誘い=invitationという言葉が使われます)それを十分に体験しながら、自分の感覚に耳を傾けます。

ここだけ読んだら非常に分かりにくいと思いますが、たとえば
「スタジオの中を自由にあるいてみる」
「後ろ向きに歩いてみる」
「目を閉じて歩いてみる」
というようなアクティビティーをやってみて、自分のなかにどんな感覚が生まれるか、を見ていきます。

一連のアクティビティー、実験に取り組んだあとは、自分たちに起きたことをシェアする時間をたっぷりととります。

シェアは強制ではありません。
言いたくなった人が、言葉を繰り出していきます。感覚を言葉に落とし込むには時間がかかることもあります。そしてある人の言葉が「ああ、私もそうだわ!」という確認になることも。そしてここで語られることにもちろん「正しい・間違っている」「良い・悪い」はありません。

シェアの中に「恐れを感じた」「不安だった」「怒りを感じた」というような言葉が出てきたとき、『それはどういう感覚でしたか?』『身体に感じたものは何?』とジュディス先生から尋ねられました。

みなさんが「恐れ」「不安」「怒り」を感じるとき、それは身体としてどんな感覚になるでしょうか?
—そんなこと、感じようとしたことない—と戸惑われるかも知れませんね。

私自身、それを聞き返されたとき、しばらく言葉に詰まりました。

「胸のあたりがざわざわする感じ」
「息苦しい感じ」
「とげとげして熱いものが身体の中心にあった」

こんな風に言葉にすると、その人固有の感覚が伝わりやすくなります。

私たちは自分のなかに湧きあがってきたものにすぐ「恐れ」「不安」「怒り」などの手っ取り早いレッテルを貼ります。果たして本当にそれが「怒り」などの感情なのか、十分に検証しないまま。

そういうところを繊細に区別して行く、そんな作業もワークショップでは含まれていました。

ジュディス先生のスタジオから階段で降りていったところにビーチがあり、お天気が良くて潮が引いている時にはそこでクラスが行われるときがあります。波打ち際まで行って、水の中にジャブジャブ入ったり、ヒトデや海藻、貝殻に触れてみたり、沢山の石の上をピョンピョンと移動したり、思い思いに海辺を探索する時間にはみんなが「大きな身体を持った子ども」になります。

そうしたとき、またワークの全体を通して、おとなの自分として、自分自身のケアは十分に行う、自分にとって困難に感じることがあればワーク中の提案であっても自分を守る選択をする余地が与えられています。

大きな岩、石や流れ着いている流木。

それらの上に乗ってそれぞれの物体から自分が受ける影響や、バランスなどを感じ取ります。(中にはとても大きな流木も)

あるときジュディス先生が『では石や岩の上に横たわってみるのはどうですか?』と。実際横たわってみると、なんだか不思議。すっぽり収まる感じが意外に心地いい・・・。頭のなかで考えることが、どれだけ実際の現実と違うものなのか、実感できるワークでした。

そしてワークショップが終わる前の日、スタジオから少し離れたManson’s Lagoonという所で朝のクラスが始まりました。ここは引き潮になると砂浜が広がるところで向こうの方には二枚貝を今夜のおかずにするためにバケツを持ってきた人たちも。ここではジュディス先生のところのビーチとManson’s Lagoonのビーチの違い、そして「私たちの違い」を感じます。

地元からワークショップに参加されていた人たちがこの日はお家のワンちゃんを連れてきていました。

リードを離すと、走る走るはしる~!!!

水の中、砂浜の上、全速力で走りまわります。足の下にある貝殻に私たちは悪戦苦闘しながら歩いていたのですが、彼らはそんなこと、お構いなしです。「た~のしぃい~!!」「あそぼうよ~!!」を全身で表わすワンちゃんたち。

過去のことに囚われたり、未来のことを心配したりせず「今、この瞬間」をフルに味わっている姿、そしてその柔軟な動き・・・。

彼らは私たちにとってカワイくて偉大な先生でした。

 

******

他にももっとシェアしたい、素敵な瞬間がありました。そして自分のあり方について深く考える機会を与えられた、貴重な経験も。でも私の話はここまでにします。

大きな学びの旅。

思い出を大切にしまって、先に進みましょう。私のカナダでの体験に長い間お付き合いいただきありがとうございました。毎回長い文章にもかかわらず、たくさんの皆さまが読んでくださったことがとても励みになりました。そして、最後に今回旅をご一緒できたみなさまに、この場をお借りしてお礼を言わせてください。

そのままのあなたでいてくれて、そして、そのままの私を受け入れてくれて心からありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL